Archive for 8月, 2013

8月 29 2013

購入するときは運転してみて!

中古車を購入する事を考えた場合、何処で何を決め手として最終決定をするのが良いのだろうか?新車と違い全ての中古車が全く違う条件の中で展示、販売されているのである。

メーカー・車種・色・年式・グレード等が同じであっても、一台一台車の状態は異なり、走行距離・内装状態・エンジン・足回り等、車体の状態が全く違うという事は当然であろう。見た目では判らないので実車に乗り走行する事でしか状態を判断する事は出来ないのである。

新車時に慣らし運転をキッチリとした車か?最初がフル回転で走行した車か?など、現在の状態を見て、走って実感する他に決め手となる材料は無いのである。

事故暦があるか?部品交換をするほどの外装にダメージがあったかは、販売店が明らかにしない限り判らない事である。重大事故に対しては、事故暦有りとキッチリ表示している販売店もあるのだが、前の持ち主が修理後に隠して売りに出した場合には中々判る事は無いのだと思われる。

やはり、現実的には現車を全て確認する他に決める手立ては無いのが中古車である。

悩み

8月 20 2013

時代に埋もれた実力車が、中古車となって あなたを待っている

どんどん技術が発達していく日本で、その時代に合った製品が生まれていきます。車も同じです。今の時代は低燃費車、その中でも
ハイブリッドカーが人気です。ですが、他にもたくさんのモデルが同じ時代に生まれています。中古車選びはそこが狙い目です。

一時人気になったモデルでさえ、売れなくなってしまえば、生産中止になってしまうことになります。つまり人気が無くなってしまった
のです。そうやって人気が無くなってしまえば、中古車市場に回って来る。人気がない中古車は安く売られる。つまりその中古車が
お買い得になる。時代が流れていくように、中古車にもこういったサイクルがあります。

ただ、時代の流れは常に変化していきます。人気なんてものは諸行無常です。また、一部熱烈な支持者が存在するモデルは値崩れ
が起きにくい傾向があります。流行ばかりを気にしていたら、お買い得な中古車を見逃してしまうことになります。人気車に隠れた、
真の実力を持った実力車が眠っています。それを見つけ出すのはあなたかもしれません。

スバル

8月 13 2013

トータルで考える中古車の選び方

昨今の節約志向の高まりによって、低燃費車、その中でもハイブリッドカーが特に人気が高まっています。ただ、買ったあとのランニ
ングコストを含めたトータルコストで考えると、実はハイブリッドカー以外でも、いい中古車に巡り合うチャンスが見えてきます。

ある2台の中古車があり、年式が同じでその車両の本体価格は70万円以上も差があります。しかしこの2台は自動車重量税が同じであるため、ランニングコストではガソリン代が変わってくるだけになります。そう考えると、いくら燃費がよくて、走行距離を調整してもその差を埋めることはできません。無理して乗っても意味はありません。

燃費ばかりにこだわっていると、本当にいい中古車を選ぶことはできません。新しいモデルが出てこれば、売られるモデルも出てきます。節約という意味では、もっといい中古車が購入できるかもしれません。ガソリンの価格、燃費、車両の本体価格、これらの3つの
ポイントを整理してトータルで考えてみてください。低燃費という言葉を鵜呑みにせず、本当に安い中古車を選びましょう。

予算

8月 6 2013

新車と中古車の違いがポイント

当たり前ですが、新車はまだ走行距離がありませんが、中古車はもともと乗っていた人がいるため、走行距離があります。これも当た
り前ですが、走行距離が少ない中古車のほうが人気が高く、走行距離が多い中古車のほうが人気は低いです。ただ、きれいに右肩
下がりに人気が変わっていくわけではないようです。

こんな不思議な一例があります。42000キロと47000キロの二者択一なら47000キロで我慢できる方が多いのですが、47000キロと520
00キロの二者択一になると、47000キロを選ぶ人が多いようです。同じ5000キロの違いなのですが、消費者の心理は不思議です。
50000キロの壁というのは、中古車の値段だけでなく買取店の買取価格にも影響を及ぼします。

こう考えると、50000キロを超えた中古車は当然人気がありません。値段も安くなるのですが、注目してほしいのはその車がどれだけ
ちゃんとメンテナンスされているかということです。新車は誰も手を付けてないためもちろんキレイですが、愛情を持って乗られた車も
キレイです。本当に人気があるのは、安くてキレイな中古車だと思います。

きれい