Archive for 6月, 2013

6月 24 2013

中古車の種類は色々、ボディの色も色々

通勤中や、お出かけしているときに、街中を走っている車を見渡してみてください。何か気づくことはありませんか?もちろんいろいろ
な形があります。大型の車に家族みんなが乗って、和気あいあいしている微笑ましい光景が目に付くこともあるでしょう。

ここで注目してほしいのは、ボディーカラー、つまり車の色です。画期的なデザインがどんどん生まれるとともに、車の色も様々です。日本では実は、白色と黒色のボディーカラーがすごく人気みたいです。それならば、それ以外の色はそれほど人気がないのではと、
気づかれた方も多いと思います。まったくその通りで、中古車の場合、白色とそうでない色で50万円以上差がつくことがあります。

ただ、中古車にはこんな例外もあります。コンパクトカーの白色は、営業者と勘違いされることがあり、敬遠されやすいというケースが
あります。コンパクトカーの中古車自体、値段が安くて大きな差がないということもあります。何色が安いですと特定はできませんが、
ボディーカラーの違いだけで、こんなに値段に差が出るんだということも十分にありえるところが中古車の魅力でもあります。

ボディ

6月 17 2013

安い中古車には理由がある!!

不景気が続く日本の状況では、なかなか高い買い物はできません。また、子供のころ、あんな車に乗ってみたいなと思ってい
た記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな願いを叶えるのが、中古車です。新車よりも中古車のほうが、当
然値段も安くなります。では、どんな理由で安くなっているの知りたくないですか?

中古車の値段というのは、いろいろなポイントがありますが、一言で言ってしまうと、人気によって左右されます。機能がよければ、
人気も出ます。人気が出れば、値段も高くなります。人気がなければ当然のごとく値段も安くなります。同じモデルでも、走行距離が
少ないほうが人気がありますから、走行距離が多いほうの値段は安くなります。

これが、基本的な中古車の値段のつき方です。走行距離だけじゃなく、年式やキズ、装備の有無など人気の理由は様々です。
それらを総合的に分析をして、これは人気がありそうだな、これはそれほどでもなさそうだなとお店が判断して、値段が決まります。
最終的にまとめると、「人気の裏をつく」ということが、私たちが中古車を選ぶときの大事なポイントになります。

人気

6月 10 2013

中古車を試乗するときのポイント

中古車を選ぶときには、できたら試乗をさせてもらうことが好ましいです。
試乗はできなくても、車のシートに座らせてもらうことはできるはずです。

でも、しっかりと確認しておきたいならば、中古車の試乗は大切なことだと思います。
そして、いざ試乗をさせてもらうときにチェックしておきたいポイントは、走行距離です。

走行距離を見れば、その中古車がどの程度の距離を走っているのか、見極めることができます。
走行距離が長ければ長いほど、その車は酷使されているため、ガタがきているかもしれません。

走行距離をチェックしたら、検討している中古車に乗って路上を走ってみましょう。
路上に出たときには、その車がちゃんとまっすぐ走ることができるかどうかをきちんとチェックしてください。

これでまっすぐに走れない中古車は、あまりオススメできません。他の中古車を探しましょう。
しっかりまっすぐに走る車で乗り心地もよければ、その中古車に決定しましょう!

6月 3 2013

中古車をみにいくとき

中古車を選びに行くときには、気に入った中古車があったらもちろん実物を見に行くと思います。
そのときのポイントとしては、「中古車を見に行くときには3回見に行った方が良い」ということです。

まずは、晴れの日です。晴れの日に見に行く場合には、車体にキズがないかどうかを、隅々までチェックしておきましょう。
ほこりがついていないかなども見ておきましょう。できたら、日中と夕方にも見ておくと良いと思います。

そして2つめが、曇りの日です。曇りの日ほど、中古車にワックスをかけるのにぴったりな日はありません。
ですから、曇りの日に営業マンなどが中古車にワックスをかけている販売店は、信頼できると考えることができるのです。

そして最後は、雨の日です。雨の日には、試乗はできないにしても、車のシートに座らせてもらいましょう。
このときは、車内の中をよく見渡して、水滴などが付いていないかなどを確認します。以上が、中古車をみるときのポイントです。